店舗買取って?

不要品買取には、店舗買取・出張買取・宅配買取の3つの方法があります。
商品買取と聞くと真っ先に思い浮かぶは、店舗買取ではないかと思います。
最近では、宅配買取が人気となっており、店舗買取の需要はなくなってきていると思われがちですが、依然店舗買取は利用する人が多く人気なままです。
もちろん店舗買取しか買取方法を知らないというのも人気の理由かもしれませんが、手間がなく気軽に利用でき、その日のうちに取引が完了するという点は店舗買取の大きな魅了です。

そもそも店舗買取ってなに?

店舗買取と聞いてもパッとイメージしにくい人もいると思うので、説明していきたいと思います。
店舗買取とは、街でよく見かけるリサイクルショップや古本市場・ブックオフなどといった街に店舗をもつお店に直接商品を持ち込み買い取ってもらう買取方法です。

予約しなくても商品をお店に直接もっていくと、その日のうちに査定してもらうことができ査定額を得ることができます。
かなり便利ですね!

また、お店の中には自分が売ったものや他の人が売ったものが再度チェックされ綺麗に仕上げて販売されているので、欲しかったものを安く買えたり見物したりできるのも店舗買取の良さです。

買取店の中には、古本以外にもCD/DVD・ゲームなどさまざまなジャンルを買取しているところがあるので、まとめ売りしたい場合にも便利です。

・もちろんデメリットも…
さて、そんな店舗買取にもデメリットは伴います。

重い荷物はやはり店舗まで持ち込むのに一苦労します。荷物をまとめるのも大変ですね。
そのうえ商品の個数が多ければ多いほど査定時間が長くなるので、査定結果がでるまでどこかで時間をつぶす必要があります。

さらに次の項目で説明していきますが、同じ商品でも査定額がお店によってまばらなのも要注意です。

査定額は?

さて、気になる査定額に関してですが、ほとんどの大手買取店ではお店が扱うマニュアルを用いての査定方法となります。
ですので、大手買取店、特にさまざまなジャンルの商品を取り扱っているお店では、本当は質のいい本・レアな本だったとしても正確に査定してもらえない可能性があります。

これまでに納得のいかない査定を経験した人やこれから適正価格で売りたいと思っている人には、専門の買取店の利用をオススメします。

参考書なら参考書専門買取店、電化製品なら電化製品の専門買取店などそれぞれ専門としてプロの査定員が査定を行っているお店に買取してもらったほうが的確に納得のいく査定額が得られると思います。
しかもラッキーなことに、売れないと思っていたものが意外と売れる場合があります!

もちろん商品の状態が悪いと査定額が低くくなってしまいますが、他にも低額査定になる理由には店舗の運営コストが関係しています。
店舗をもつと人の目に触れやすく知名度が上がり利用客も増えるメリットがある一方で、運営費が必要になってくるためそれほど高く買取することはできません。

とはいえ、他の2つの買取方法と比べると手間もかからず査定額もその日のうちに得られ、気軽に利用することができるためオススメです。

まとめ

店舗買取は、今日売りに行きたい!といきなり思い立って商品を持ち込んでもすぐに対応してくれるので、金欠だ!なんて時には本当にありがたいです。

また、家に帰るには時間が微妙だし店内で待つには暇だし、と面倒に思う査定の待ち時間も店内で売られている商品を見たり付近のデパートに買い物に行ったりと時間も有効に有意義に使えるのでオススメです。

こちらの情報は2020年2月~4月に収集したものです。更新は6か月をめどにしています。すべての情報は内容を保証するのもではありません。
情報が古いため実際の運営サービスと相違がある場合がございます。買取申込みの際は直接それぞれのサイトで確認をお願いします。

PAGE TOP