古本などを買い取りするお店の目的

古本を売りに出すとき、「どのお店が高く買い取ってくれるか」「どのお店が手間なくスムーズにやり取りできるか」「どのお店が評判がよく信用できるか」などを考えて買取店を選ぶと思います。
特に、今流行の宅配買取(スムーズにインターネット上で買取ができるシステム)においては、そのお店の信用性はより一層重要な点となってきます。

従来人気であった店舗買取では、買い取りされた商品がそのまま店舗で販売されているのが一目瞭然で分かります。
しかし、宅配買取となると、公式ページを見ても買取専門でそれらを販売している様子はなく、利用者としては買い取ってばかりでこのお店の利益はどこから来てるの?どうやって運営しているの?と疑問に思うと思います。
やはり利用者にとっても需要と供給が目に見えて分かる方が安心感はありますよね。

というわけで今回は、古本などの買い取りをしているお店の目的って一体なに?
という点に着目して説明していきます。

買取専門店の利益はどこから?

 

古本を買取するお店の目的は、そのほとんどが買い取った商品を販売して利益を得ることになります。
そのため、基本的には安く買い取り、高く売ることが目的です。
店舗買取の場合は、人件費や運営コストが高い買取金額を下げて

ネットの買取店は、買い取ったものは主にAmazonやヤフオクなどのオンラインショップに高値で買い取ってもらい利益を得るシステムになっています。

できるだけ安い価格で買取を行おうとするところが多いので、この点には十分に注意をして売却をすることが必要となります。

しかし古くから一般的に古本買取店では学生などのお金がない人に対して効率的に良い本を提供しようとする風潮もあり、自分たちの利益を確保しながらそのなかで可能な限り安く古い本を提供しようと考えているところも少なくありません。

この場合には様々な本をできるだけ高く買い取り、さらにお店としての少しの利益を乗せてその本が欲しい人に売却すると言う仲介の役割も果たしています。

しかし現代では様々なリサイクルショップが増えたことで、その様子が大きく変わるようになりました。リサイクルショップでは基本的には利益を上げるために様々な商品を安く買い取り、これを高値で売ると言うのが基本となっています。

そのため特に古本などの場合には一定の基準を設け、その基準に則って買い取ることが一般的となっており、その基準は従来の古本買取店などとは比べ物にならないほど非常に低い金額であることが少なくありません。

また売却価格は相場に則って設定されることになりますが、極端に高額となっていることも多いため非常に高い利益を得ていると考えられる面もあるのです。

そのため安く大量に多くの古本を買い取り、これを店頭に並べて販売することでより多くの利益を得ようとしているのです。厳密に言えば古本買取店の目的とリサイクルショップで古本を買い取る際の目的は大きく異なり、それによって買取価格や販売価格も異なっています

こちらの情報は2020年2月~4月に収集したものです。更新は6か月をめどにしています。すべての情報は内容を保証するのもではありません。
情報が古いため実際の運営サービスと相違がある場合がございます。買取申込みの際は直接それぞれのサイトで確認をお願いします。

PAGE TOP